眼精疲労を緩即効緩和する体操・マッサージ

眼精疲労を緩即効緩和する体操・マッサージ

眼精疲労かなと感じたら、目の体操を行うと少しでも痛みや疲れを解消することができます。気づいたときに簡単に行える体操などを紹介してみましょう。

 

目の体操とマッサージ

 

両目をきゅっと瞑って、次の瞬間パッと目を見開いたり、上下左右に目玉を動かすようにすると、目の周りの筋肉が鍛えられます。

 

目を酷使しすぎていると筋肉が衰えてしまうことがありますから、きたえる習慣をつけると目が疲れにくくなります。

 

体操をした後には、しばらく目を閉じて休憩をしましょう。マッサージは、こめかみをはじめとした目の周りをやさしく押します。

 

眼精疲労のときにはまぶたを押すと痛みを感じますが、ぎゅっと力強く圧したりせず、やさしく物足りなく感じるくらいに押すのが効果的です。耳の後ろやこめかみなどにあるツボを押してみるのも、よいでしょう。

 

ホットマスク

 

疲れ目のケアにホットマスクが市販されて人気を得ているように、温めたタオルをまぶたの上に乗せて横になるのも眼精疲労に効果があります。

 

お風呂に入ったときには、熱すぎない温度のお湯をまぶたにあててみるのもよいでしょう。ドライアイなど乾燥が進んで眼精疲労を悪化させてしまうこともあるので、特に乾燥しやすい時期には加湿器を身の回りに置いてみてはいかがでしょうか。

 

加湿器がなくても、温かいお湯やお茶をカップに入れたときに目に蒸気をあてるようにしてみると気持ちがいいですよ。

 

目の周りにも血管が通っているため、血液循環が滞ってしまうと内部に疲労物質がたまりやすくなります。そのため、外側から血管を温めてあげるようにすれば、血液の流れがよくなって疲れもとれやすくなってきます。