眼精疲労は単なる目の疲労からだけでなくストレスも影響する

眼精疲労は単なる目の疲労からだけでなくストレスも影響する

眼精疲労の原因の一つとして、ストレスが挙げられることが多くなってきました。実は、日常的にかかるような病気からでも、眼精疲労は起こるという説があります。

 

更年期障害や自律神経失調症などのような原因の特定が難しいような病気も、眼精疲労を招くと考えられて当然かもしれません。

 

そのうちストレスは、現代の日常生活では多くの人が抱えている問題です。ストレス社会ともいわれるほど、幅広い世代の人がストレスに悩んでいるのです。

 

意識していようがいまいが、眼精疲労にかかったらストレスの発散を心がけるようにすることをおすすめします。

 

ストレスに気づかぬ人も

 

ストレスというのは実態がわかりづらいだけに、自分ですら気づかないことがあります。何となく調子が悪いと感じていても、ストレスが原因だとは思わず、気づいたときには取り返しのつかないことになっているケースも多いのです。

 

ストレスは心の病でとどまることではなく、悪化すれば自律神経を乱して体全体の健康に差し支えます。ストレスなど一切ないと思っている人でも、なるべく一日に一度は楽しいことをするようにする習慣をつけましょう。

 

また、入浴や睡眠、適度に体を動かすことは、ストレスの発散につながります。いつもシャワーだけで済ませている人、慢性的な睡眠不足に陥っている人、あまり体を動かさない人は、じわじわとストレスがたまってしまう可能性大です。

 

嫌なことがあると意識しているストレスだけでなく、疲労を感じたり環境的な要因もすれトレスを生じさせます。こまめにストレスを発散していくことで、眼精疲労を防ぐことができます。

 

ストレスによる悪循環

 

眼精疲労も疲労や痛みを感じるストレスの一種ですから、放置しておくとストレスを増やして疲労を増してしまうようなことになります。眼精疲労自体がストレスを生むようなことにならないように、悪循環をくいとめることも大切です。