眼精疲労の解消に散歩がおすすめ

眼精疲労の解消に散歩がおすすめ

昔から、眼が疲れたときには遠くを見たり緑を見るといいといわれています。日常的に緑を見るのがかなわない人でも、週末には散歩に出かけて自然の緑に触れてみるようにするといいかもしれませんよ。

 

眼のリフレッシュ

 

パソコンやスマホなどの画面を見すぎて目が疲れたときには、顔を上げて周囲を見渡してみましょう。近くにある窓から、緑が見えませんか?木々などの自然の緑を見ると、目が休まります。

 

一時間に一度くらいは、身近な緑を見る習慣をつけるようにするとよいでしょう。座っている席から窓の外が見えない人は、定期的に立ち上がって窓の側まで行ってみるのもおすすめです。

 

全身運動になって、疲れが少しとれますよ。ランチ休憩などに、公園でお昼ごはんを食べたり、景色の良いお店で食事をするのもいいですね。

 

日本はどこに行っても景観のために緑が植えられている場所が多いので、場所を探すのにそれほど苦労することはないでしょう。

 

時間ができたら、散歩

 

散歩をする習慣をつけるのは、ストレスの解消にもなります。全身の筋肉運動につながるため、眼精疲労を解消するにも良いのです。

 

適度な運動が自然にストレスを減らしてくれますから、眼精疲労を悪化させてしまう心配もなくなります。散歩する場所は、できれば自然の多い場所をおすすめします。といっても、近所の公園などでも十分です。

 

歩道に緑が植わっているだけでも、いい目の保養になります。また、外を歩いているだけで、酸素の補給にもつながります。

 

これによって体の中の酸素の入れ替えができるため、リフレッシュは確実です。ただ、無理をしすぎて体を疲れさせてしまうと、それがストレスにもなってしまうので注意してください。