眼精疲労とは

眼精疲労とは

目がショボショボする、物がかすんで見えにくい、目の奥が熱い、痛い、充血する、涙が出る、このような症状を感じたら眼精疲労かもしれません。

 

眼精疲労とは目の疲れのことですが、放っておくと頭痛や吐き気、めまいなどの目だけの症状を超えてくることもあります。

 

初期症状として目に不快感を感じたときには、眼精疲労かもしれないと疑ってみたほうがよいでしょう。

 

眼精疲労になる要因

 

眼精疲労の原因は、目を酷使している、眼病にかかったなどをはじめとして様々なことが考えられます。体調が悪いだけでなく、ストレスによる心因性の場合もあるのです。

 

めがねやコンタクトの度が合わないといったことも、眼精疲労を起こす要因となり得ます。最近では、パソコンやスマホを日常的に使う人も増えてきているため、眼精疲労に陥る人も少なくないといいます。

 

仕事でも余暇にもパソコンやスマートフォン、携帯を片時も手放せないという人は、注意したほうがよいでしょう。もちろん、テレビやゲームでの遊びすぎも、眼精疲労を起こす要因になります。

 

眼精疲労が集中力の低下を招く

 

眼精疲労がよくないのは、目の疲れだけで済まなくなってくる点です。目が疲れたかなと感じる程度では、なかなか人は眼科に行ったりしないものです。そのため、眼精疲労を放置して悪化させてしまい、頭痛や吐き気、めまいなどが起きても眼精疲労が原因だとは考えないのです。

 

さらには、イライラしたり集中力が欠けてくるなどの症状が出てくる人もいます。子供なら学力に影響が出たり、大人なら仕事の成績に関わってくるかもしれません。

 

それがストレスを生み、さらなる眼精疲労につながる可能性もあります。目に異変を感じるのはおかしいことだと意識して、痛みや疲れがあるときには早めに眼科で原因を調べるようにしましょう。