老眼になる原因とは

老眼になる原因とは

老眼になる原因とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

老眼は、髪の毛が白くなる白髪と同じように、老化現象の一つであるといえます。この老化現象によって、目の中にある水晶体を調節する毛様体の筋力の衰えが出てきます。

 

これによって水晶体の弾力性が失われることにより、調節力が弱まってしまいます。結果として、ピントが合う距離範囲が縮小してしまうのです。これが、老眼の原因なのです。

 

目は機能的に自分でピントを調節する機能が備わっているのですが、老眼になってしまうと、このピントを合わせる機能が衰えてしまうために、老眼鏡を使うなどしてピントを合わせてあげる必要があるわけなのです。ちなみに、現代においては老眼になる年ではないのに、老眼に似た症状を持つ若い人が増えていると言われています。

 

それは、パソコンや携帯電話、タブレットなどをはじめ、目を使う作業をすることが多いため、水晶体の調節機能を持つ毛様体筋に対して負担が多くかかってしまい、正常に機能することが出来ないため、結果として若いのに老眼に似た症状が出てしまうこともあるのです。

 

当然ですが、これは老眼ではないんですが、放置していると視力低下や早期に老眼になってしまうなどの心配もありますし、眼の病気になってしまう可能性もあります。

 

とにかく眼の疲れは定期的に取ってあげることが重要です。パソコンやゲームをした後は、目薬を差したり、睡眠をとるなどのケアをしっかりとするようにしましょう。