レーシック手術の種類

レーシック手術の種類

レーシック手術は、1990年ごろに開発されていますが、近年ではレーシックの手術の種類も、新しい装置が登場していることにより、新たな手術法が開発されています。

 

まずは、一般的に言われるレーシックと呼ばれるもので、これが最もベーシックな手術方法と言われています。このレーシックに向いている人は、眼鏡やコンタクトをつけるのが面倒な人や、近視や遠視、そして乱視などで悩んでいる人になります。

 

それからもうひとつは、イントラレーシック、またはスーパーイントラレーシックと呼ばれるものです。基本はレーシックの手術法と変わらないのですが、手術工程で作ることになるフラップと呼ばれる部分を、通常のレーシックとは違い、レーザーで処理、作成するので正確な形で作ることが出来て、回復も早い、そして綺麗に仕上がるという手術法です。

 

それから、エピレーシックと呼ばれる手術法です。これは、通常のレーシック手術が出来ない人のためのレーシック手術のことを言います。これは、ほんの少しだけ角膜を削るだけでいいので、角膜が薄い人や強度の近視の人、激しいスポーツを行う人に向いています。ただ、治療後は専用のコンタクトレンズをしばらく装着しなければなりません。

 

それから、ラセックと呼ばれる方法です。こちらは、基本はエピレーシックと同じように角膜を薄く削るだけでいい手術法なのですが、フラップの作り方が違うものです。

 

このように、レーシックと一言にいっても、いろんな手術の種類があるのです。