レーシック手術の効果

レーシック手術の効果

レーシック手術の効果といったら、当然ですが、視力の回復です。レーシック手術は、視力回復の効果性が非常に大きいことが特徴といってもいいでしょう。

 

近視の人がレーシック手術を受けたことにより、何と9割以上の人が1.0以上の視力に回復したといわれているのです。更に、レーシック手術を受けた際に見られる視力回復の効果は、手術後にすぐに見られるといいます。

 

ですから、手術は日帰りで受けることが出来るのです。

 

ちなみに、レーシック手術は確かに効果の高い手術法ですが、誰もが受けられるわけではありません。
まず、白内障や緑内障、それから、結膜炎といった目に疾患を持っている人は、れーシックの手術は受けられません。これは、手術におけるリスクが高まってしまうからです。

 

それから、視力が不安定という人もレーシック手術を受けることは出来ません。更に、糖尿病や肝炎といった疾患を持っている人も、手術後の角膜の治癒能力に問題があるために、レーシック手術を受けることは出来ません。

 

それから、目に打撃を受けるかもしれないスポーツ選手などもレーシックの手術が受けられないこともあります。レーシックの手術を、スポーツ選手が受けたい場合、医師に相談し、判断してもらう必要がありますが、たいていの場合は手術は認められません。

 

レーシック手術そのものは、効果も高く安全性も非常に高いため、普通に受ける分には何の問題もないものだと言えるでしょう。ただし、正しい知識は前もって身につけておくべきでしょう。