レーシック手術のメリット・デメリット

レーシック手術のメリット・デメリット

レーシック手術には、メリット・デメリットが存在します。

 

一番感じるメリットといったら、やはりそれまで使っていた眼鏡を利用する必要性がなくなるため、毎日のわずらわしさから開放されるという点だと思います。

 

それから、手術後のケアが比較的楽という点もメリットとして存在します。

 

その他のメリットとしては、手術の安全性がとても高いこと、レーシック手術は高い視力回復が期待できる、短時間で手術が終わる、痛みなどはほとんどなく、手術後の視力回復スピードが早い、軽度から強度まで、矯正可能な幅が広いことなどが挙げられます。

 

また、女性にとっては美容的な面からレーシック手術が用いられるといったこともあります。そして、男女共にコンプレックスの解消のためにレーシックを用いるといった人もいます。

 

レーシック手術のデメリットは、術後に起こるハロー現象、グレア現象と呼ばれるものです。これは、レーシック手術の後に起こる可能性がある合併症のことです。

 

ハロー現象は、夜間に目が見えにくかったり、街頭などの明かりがにじんで見えてしまう症状のことです。また、グレア現象は、強い光を見たときに映像が見えなくなる現象のことを言います。

 

ただ、どちらも通常であれば三ヶ月程度で収まるものですから、そこまでの心配は要らないとされています。

 

レーシック手術においては、これまで大きな事故が起きたというケースはありませんが、メリットのほかにもデメリットがあることは十分に頭においておくようにしましょう。