近視とは

近視とは

近視とはどういったものなのでしょう。一般的には近視とは、屈折異常の一種になります。

 

この屈折異常とは、眼球の屈折力の問題で、網膜上においてピントが合わない状態です。このため、ものがぼやけてしまったり、二重に見えたりするわけです。

 

近視は、遠くを見たとき、網膜に光が届く手前で焦点を結んでしまう状態です。このため、網膜に光が届いたときには、もう映像がぼやけてしまっているわけです。

 

この近視には、屈折性近視と軸性近視があります。

 

屈折性近視とは、元から凸形である角膜と水晶体の状態が更に強く凸形に変形してしまっている状態です。この強い凸形によって、眼球の屈折力も強くなってしまいます。結果的に、遠くを見たときに網膜の手前で焦点を結んでしまうわけです。

 

それから、軸性近視とは、眼軸が長くなっている状態のことを言います。眼軸とは、角膜から網膜までの距離のことをいいます。ですから、角膜と水晶体の屈折力がたとえ正常だとしても、焦点が網膜の手前になってしまうわけです。

 

近視の段階ですが、まずは仮性近視といわれる状態から始まります。それから、屈折性近視に移行します。

 

最終的には軸性近視に移行します。

 

このうちの、仮性近視は厳密には近視の状態ではありません。この仮性近視以降の近視の状態のことを「真性近視」と言います。

 

仮性近視の段階であれば、まだ視力を回復させることは十分に可能です。ここで眼鏡に頼ってしまうと真性近視になってしまう可能性がありますので、注意するようにしましょう。