老眼の初期症状

老眼の初期症状

自分は老眼になんてならない、と思っている人は結構いるかと思います。しかし、老眼とは老化現象の一環なので、避けて通ることは出来ません。

 

どんな人であっても必ず老眼になってしまうのです。では、老眼の初期症状とはどのようなものになるのでしょうか。

 

老眼の初期症状は、本や新聞などを読む距離を少し離してみると見えるようになったり、新聞を朝読めるけど、夕方になると読めなくなってしまう、長時間の読書はすぐに疲れてしまう、細かい作業をしていると、ピントがちょっとずつ合わなくなるといったものがあります。

 

ちなみに、近視の人は老眼にはならないという人がいるのですが、これは実は間違いで、老眼は全ての人に出る症状です。したがって、近視の人も老眼になるのです。

 

元々近視とは、ピントが近くに合うため、仮に老眼になったとしても、メガネやコンタクトを外して見ると結構近くを見ることが出来ます。

 

しかし、近視用のメガネやコンタクトを付けた状態では、近くのものが見えにくくなるということですから、ピントが合わせられなくなっている状態、すなわち老眼ということなのです。

 

老眼の症状が徐々に出てくるのは、40歳を過ぎた頃だといわれていますが、個人差があるため、具体的に何歳になったら老眼の初期症状が出てくるというのは分かりません。ただ、症状が出るのを少しでも遅らせるためにも、日ごろから眼のケアをしっかりとしてあげることが大切だといえるでしょう。