レーシック手術とは

レーシック手術とは

レーシック手術とは、視力矯正手術の一種です。

 

最近よく聞く方法のことで、どうしても視力を回復させたいスポーツ選手などが利用したことによっても話題になったものです。

 

これは、マイクロケラトームという機械を使って、角膜の表面を薄く削り、めくります。そこに、エキシマレーザーを照射することにより、角膜の一部の破壊をするわけです。

 

その後に再び角膜にふたをして元の状態に戻してあげます。再び元の状態に戻るまでには大体2分から3分間待つだけでいいので、とても短時間で行われる手術だといえるでしょう。

 

レーシック手術を行うことによって、角膜の曲率が下がります。それにより、近視の矯正がされるわけです。

 

ちなみに、レーシック手術は、近視だけではなく、レーザー照射の調整を行うことにより遠視も矯正することが出来ます。なので、両方を同時に矯正する人もいるみたいです。

 

近年では、このレーシック手術を行うクリニックも増えており、視力回復のためのひとつの手段としてはかなり普及しているといってもいいでしょう。

 

価格もリーズナブルになってきていますし、眼鏡をかけるよりもレーシック手術を選ぶ人も増えていることでしょう。

 

ただ、レーシック手術で気をつけておいてほしい一番のことは、手術である以上は失敗する可能性は0%ではないことを知っておいて欲しいのです。

 

失敗したらもしかしたら目が見えなくなるようになるかも知れません。ですから、レーシック手術がどうしても必要でない限り、受けないようにすることを個人的にはお勧めします。