老眼治療レーシック比較 | 口コミ・費用ガイド

老眼治療レーシック比較

老眼治療には大きく分けると、CK・レーシックなの治療法に分かれます。

 

1つ1の方法にメリット・デメリットがありますが、近年利用者が多いのがレーシックによる老眼治療。当サイトで紹介している以下のクリニックなら、あなたの眼の状態やライフスタイルに合わせた治療法をご提案します。

 

クリニック選びのポイントとして、

 

@最新設備が備わっているか
A実績ある専門医がいるか
B事前の説明やアフターフォローなどサポートはどうか

 

など、この3つの点を押さえておくと納得のいくクリニック選びが可能です。

 

当サイトでは、患者満足度の高い老眼治療を行っているクリニックを紹介していますので、どうぞ参考にしてください。全国主要都市に医院を構えるクリニックもあるのでお近くのクリニックをお探しください。

ちなみに…当サイト管理人がおすすめするのは神戸神奈川アイクリニックになります。というのは、老眼治療の術式を3つ用意しており、あなたの症状や目の状態、適正などを見て、総合的にどの術式が良いかをアドバイスしてくれます。

 

また、術式の中にはレーシック以外のものもありますので、もし、レーシックに不安を感じている場合にはその他の治療法も可能です。

>>老眼治療費用比較 早見一覧表へ

 

神戸神奈川アイクリニックの特徴

神戸神奈川アイクリニックは、豊富な症例数・経験を持つ医師の手術と充実のアフターケアのある高いサポートが特徴のレーシッククリニックです。レーシック手術には厚生労働省認可の最新レーザーを使用し、高い安全性を誇る老眼治療を提供しています。老眼治療には、担当医師がお客様の1人1人の目の状態と、安全性・効果を考慮して、3種類の術式プランの中から最適なプランを提案します。レーシックに不安がある方のために、レーシック以外にも遠近両用白内障手術やAdd-Onレンズなどの術式を用意しています。老眼治療をご検討の方は、まずは無料説明会または無料適応検査をどうぞ。

価格 両眼35万〜円
評価 評価5
備考

 

品川近視クリニックの特徴

品川近視クリニックは、世界一の症例数を誇るクリニックで、更に世界的にも症例数がトップクラスの医師が多数在籍しています。業界・国内No.1の実績を誇るクリニックのため安心して施術を受けられます。老眼治療のレーシックカムラは29.8万円〜可能。まずは無料説明会または無料検査からどうぞ。

※レーシックカムラの詳しい解説はこちら。

価格 両眼29.8万〜円
評価 評価4
備考

 

新宿近視クリニックの特徴

新宿近視クリニックは、レーシックに代わる次世代治療「ICL」を施すクリニックになります。ICLは、レーシックのデメリットだった視力、見え方の質、術後リスクをなくした最新治療です。角膜を削らず、眼内にレンズを入れるため、施術前の状態に戻すことができ、将来目の病気を罹患しても、治療の選択肢が狭まることがありません。月々5900円〜受けられ、厚生省認定のクリニックだから安心して施術が受けられます。

価格 片眼259800〜円
評価 評価4
備考

 

以下クリニックは閉院しました

 

錦糸眼科
錦糸眼科は、高い技術力とレーザー機器と技師のレベルが高いため、ワンランク上のレーシック治療を受けることが可能なクリニックです。設定料金は高めだとしても、満足のいくサービスと治療を受けることが可能。専門医の高レベルな技術力はもちろん、最先端のレーザーを完備と徹底した衛生管理が特徴的のクリニックになります。老眼治療は両眼で36万円。

 

東京近視クリニック
東京近視クリニックでは、業界最安値での手術を受けることが出来ますし、24時間年中無休での受付も受けてくれます。それに、技術力が高い医師が揃っているため、満足と安心の治療を受けることが可能となっています。それから、一般的には必要とされる項目ごとの追加料金が必要ありません。また、割引のサービスも充実しているので、少しでも安く治療を受けたいと思う人にはいいかもしれません。

 

老眼回復に注目!

老眼サプリを見てみる!

 

老眼とは

 

年を取ると、老眼だといっている人がよくいますが、老眼とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。老眼とは、水晶体の弾力が加齢と共に衰えることにより、水晶体の厚みを変えるのが困難になることで出る症状のことを言います。

 

老眼の症状は、遠視の人に出やすいとか、早いとか言われることが一般的なのですが、そうではありません。遠視の人は、近くが見にくくなるために、症状がわかりにくいだけなのです。

 

老眼の症状が出てくるのは、40歳を過ぎた頃くらい、50歳くらいになってくると、ある程度の老眼症状がはっきりと出てきます。このときに感じる症状については人それぞれで、こうなったら老眼ですというはっきりとした基準もありませんし、感じ方にも個人差があります。

 

近視の症状が出ている人で、近視用のメガネをかけている状態で新聞や本が読みにくくなったりすることがあります。メガネを外してやっと見えるようになる場合です。これは、老眼の症状が出ているといってもいいでしょう。

 

老眼に対しては、老眼鏡をかけるなどの対策を取ることである程度の解消は可能です。ところで、自分は老眼になってしまったと嘆く人もいるかと思います。ですが、老眼の症状は加齢と共に必ず、どんな人でも出てくる症状のため、嘆く必要はありません。

 

年を取るということはそういうことなのですから。ただ、老眼に対する対策をしておくことによって、症状が出るまでの期間を延ばすようにすることは技術的には可能のようです。

 

老眼を治療するには

 

老眼とは、老化現象の一つです。なので、症状が出た場合、誰しもが認めたくはないと思いますが、これは仕方のないことです。この状態で、裸眼のままでものを見続けていると、眼精疲労は当然のこと、肩こりや頭痛、それに吐き気といった様々な症状が出てきます。なので、十分な注意が必要になってきます。

 

老眼は避けようのない症状ではありますが、症状が出るのを遅らせることは可能です。それでは、老眼の予防と対策について紹介していきましょう。まずは、バランスの取れた食生活が重要になってきます。難しいかもしれませんが、これがもっとも大切な部分になります。

 

視力回復、目の疲れを取る、老眼予防をしようと思ったら、アントシアニン、ルテイン、コエンザイム、ビタミンA、B1、B2、C、E、コンドロイチンといった栄養素を積極的に取るようにすることが大切です。それから、眼の疲れを取ることも重要なポイントです。

 

眼精疲労は老眼の進行を早めてしまうので、定期的に眼を休ませることが重要になります。目の疲れを感じたら、あったかいタオルを眼に当てたり、少し眼を閉じて眠るようにするのもいいかと思います。

 

老眼治療にレーシックをおすすめする理由

 

近年、目の見えを回復させる新しい治療法として、レーシックというものがあります。レーシックを受ける方は増加しており、芸能人やスポーツ選手なども多く受けています。目の見えを回復させるレーシックは、老眼にも効果はあるのでしょうか。

 

レーシックとは

 

レーシックとは、エキシマレーザーという機械で角膜にレーザーを照射し、角膜の屈折率を矯正する治療のことです。角膜を矯正し目の見えを治療するので、メガネやコンタクトレンズの必要が無くなり、患者の負担が減ります。

 

老眼はレーシックで治るのか?

 

レーシックは角膜を矯正することで、近眼、乱視、遠視を治療することができます。しかし、老眼は角膜が原因ではなく、水晶体の機能低下が原因で起こる現象なので、現段階ではレーシックで老眼を治すことはできません。

 

ただし、老眼の方で近眼、乱視、遠視のいずれかを患っている場合、これらを治療することで老眼鏡のみで日常生活を送ることが可能となります。レーシック手術を受ける前は老眼鏡と普通のメガネを使い分ける負担があった方は、レーシックを受けることで老眼鏡だけとなり負担がかなり減ります。

 

老眼の方でも適応検査で問題がなければレーシックを受けることは可能です。適応検査は細かい診断が行われるため、手術に不安がある方でも検査を受けることで安心感を得ることができます。早い段階で治療を受けた方が患者への負担も少ないので、老眼が進行する前に早めにレーシック手術を受けることをオススメします。